ヘアサイクルは3つ段階あり

こんにちは(^_^)


3連休明けの火曜日

今日も爽やかな秋の陽気だけど

埼玉、東京はひんやり感が

肌を覆い緊張感で

キリっとしまる時間かな
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


いまはあちこちで彼岸花が

色鮮やかに綺麗ですよね♡


e0320728_16098.jpg




さて
058.gif今日のヘアケアメッセージ

紙の脱毛サイクルとは…⁈

人間の頭髪は
10万本~15万本
あるけど、そのそれぞれが年齢や
性別・季節により異なるらしい


1日に約0.3~0.4mmの速さ
で成長を続けているのだ。
もちろん成長は永遠に続くわけでは
ないようだ。


やがては抜け落ちる運命にあり、
この髪の毛の一生をヘアサイクル
(毛周期)と呼ぶらしい


ヘアサイクルは
成長期」「退行期」「移行期」3つの段階に分けられる。


成長期は、毛母細胞・毛乳頭の活動が
活発で分裂を繰り返す時期。


約4~8年くらいで、新しい髪が
成長する期間で 毛母細胞の分裂が
活発でグングン髪が伸びる時期なのだ



退行期は、毛乳頭は萎縮し、
毛母細胞は細胞分裂を停止している。


やがて毛母と毛乳頭が分離し
毛母は上昇を始め、髪の毛の成長は
ストップしるらしい。


頭髪の1%程度がこの状態で、
期間は2~3週間ほどのようす。



移行期は、成長期、退行期の機能
が停止し、脱毛する時期なのだ
次の髪の毛の生成が始まるとと
もに、脱毛が始まるらしい。


脱毛すると、すぐに成長期に入り、
毛母が大きくなり産毛が出て
移行期の期間は2~3ヶ月ほど。
髪全体の10%を占めている。


1日に抜ける本数は50~100本
と言われてるが、ヘアサイクルが
正常であれば髪が減る事はないようだ

e0320728_160121.jpg




更にひとつ

薄毛・抜け毛の原因は遺伝子にあった

抜け毛は遺伝子に関係している


はげの家系は絶対にはげる

という言葉を聞いたことがあるけど



「ハゲの家系は絶対にハゲる」

という言葉は、ただの言い伝えだと

思っていたんだけど、本当のところは

どうなのか、リサーチしてみたのだ



「抜け毛」の原因の多くが、

食べ物やストレスであると

言われているのが現代社会。


特に、女性の方はストレスが

原因となっている脱毛が多いようだ


ただ…原因はこれだけではなく、
「遺伝子」にも関係しているらしい



ドイツの大学の研究チームでは、
40歳前に薄毛になってしまった

男性の家系の血液の調査を行い

染色体にあるアンドロゲンとよばれる

受容体と遺伝子の異変を調べたようだ。



染色体の中でも、お母さんから

受け継ぐX染色体の中にあり

父親からの遺伝子ではなく

母親が受け継いできた遺伝子の中に

薄毛になる遺伝子を持っている場合、

薄毛になる確率は非常に高いのだ




女性の場合もお母さんから

受け継いだ染色体の中に

そのような遺伝子が含まれていたら、

抜け毛に悩まされる確立は高いと

いうことになるわけ



最近の私が抜け毛薄毛対策に
使用している魔法のクスリとは…⁈


いつまでもフサフサでいたい
女性の皆さん是非こちらご参考まで

http://ec.jp-news.jp/dr_nature/?ad=Mn7Dtn2X0404dn



iPhoneからの投稿
[PR]
by mameken2012 | 2013-09-24 15:49
<< やっと自宅にアサガオが^ ^ 梨の生産日本一の都道府県は >>